• Catalog, document and understand your data

    with Data Dictionary, Business Glossary & ERDs
     

    2020年ガートナー・ピア・インサイト・カスタマーズ・チョイスの
    メタデータ管理ソリューション市場において5点満点中4.5点の総合評価


    2020年7月20日よりサービス提供開始いたします

  • データに関するナレッジの収集と共有

  • 対応データベース・サービス

  • データベースドキュメント

    エンジニアだけでなく、ビジネスチームを含めた、

    誰もが理解できるように、包括的なデータベース文書を構築

    データ辞書

    データベースやその他のデータ資産のデータ辞書を
    構築

    ビジネス用語集

    ビジネス用語、ポリシー、ルールの普遍的な用語集を構築して共有し、カタログ内のデータ資産にリンク

    ER図

    ER図を使ってデータベースを可視化することで、データベースに保存されているデータが誰にとってもわかりやすく

    機密データの発見と分類

    データベースをスキャンして、個人データを保持しているフィールドを見つけてタグ付け

  • その他の機能

    データベースの変更を記録し、コメント機能などを活かしてチームと共有

    メタデータリポジトリ

    メタデータリポジトリで組織のメタデータを収集

    メタデータ検索

    メタデータリポジトリを検索

    ストアド プロシージャ ドキュメント

    データベース内のストアド・プロシージャ、関数、トリガのドキュメントを作成

    スキーマ変更のインポート

    いくつかの簡単なステップでデータベースの構造の変更をインポート

    データベースの依存関係

    データベースの依存関係を明確に

  • データベースを理解する

    ・データベースの知識を収集し、文書化し、共有

    ・より安く、より速く、より信頼性の高いデータベース開発

    ・ビジネス、エンジニア、参加者全員のコミュニケーションの向上

    ・推測や報告のミスを避ける

    ・企業全体でのデータの有効活用を可能に

    ・データベースのドキュメントを最新の状態に保つ

    ・現在の開発チームへの依存度を低く

    ・開発者のオンボーディングとリプレイスが容易に

  • データとソフトウェアの連携を強化

    ソフトウェア、アプリケーション、データベース開発

    開発したアプリケーションのデータベース構造を文書化することで、開発者、テスターなど必要なメンバーが必要な情報を正しく共有でき、ガバナンスを維持した状態により、チームの成長を促進。

    データガバナンスとエンタープライズアーキテクチャ

    企業全体の非技術者向けに、社内のデータ資産を明文化し、データモデルをダイアグラムで可視化。

    データウェアハウジング、BI、アナリティクス

    レポーティング、データウェアハウス、またはBIにおけるデータの理解は今後の企業成長にとって非常に重要です。BIやDWHの運用者やアーキテクトは、データソースを把握するために多くの時間を費やしています。
    データ構造に関する誤った情報や認識は、メトリクスや誤ったレポートにつながり、さらに誤ったビジネス上の意思決定につながる可能性があります。

  • ユースケース

    BIとアナリティクス

    レポートや分析の課題を取り除き、データの文書化によりビジネス

    ユーザーが自立できるように。

    データウェアハウジング

    データウェアハウスの有用なドキュメントを提供し、組織全体でのデータウェアハウスの利用を促進。

    データガバナンス

    データのカタログ化、所有権の割り当て、組織内のデータ資産の検索と把握・理解を支援。

    メタデータ管理

    データベースからメタデータを抽出、メタデータリポジトリにカタログ化、必要なメンバーで共有。

    データベース開発

    開発者が推測や不要な質問や手直しをすることなく、データモデルを素早く把握。

    レガシーデータベース

    レガシーデータベースの構造を発見し、学びながら文書化することで、他の人が同じことを何度も学ぶ必要がないように。

    エンタープライズアーキテクチャ

    企業データベースのデータを文書化して可視化し、それらの関係性を把握し、ビジネス用語集で定義されたビジネスエンティティにマッピングします。

    データの移行

    移行前にソースとデスティネーションのデータベースを文書化して理解し、カスタムフィールドを使用して、各オブジェクトの戦略、マッピング、割り当てられた担当者、ステータスをメモ。

  • 価格

    PRO

    ¥4,300

    月額/ユーザー

    データ辞書、ER図、5カスタムフィールド、標準メールサポート

    PRO+

    ¥8,700

    月額/ユーザー

    データ辞書、ER図、10カスタムフィールド、標準メールサポート

    オススメ

    Enterprise

    ¥17,500

    月額/ユーザー

    データ辞書、ER図、100カスタムフィールド、標準メールサポート、ビジネス用語集、スキーマ変更の追跡、データの分類、優先サポート

  • カスタマー

  • 提供会社

    弊社は国内唯一のDataedoのセールスパートナーです。

    会社概要

    会社名  株式会社FBP Partners

    (https://www.fbpp.jp)

    加盟団体

    一般社団法人データサイエンティスト協会

    事業内容

    ・データ探索ツール「Looker」のご提供

    ・データパイプライン自動化サービス「Fivetran」のご提供
    ・データパイプライン自動化サービス「Xplenty」のご提供
    ・データカタログツール「Dataedo」のご提供

    ・DWH構築ソリューション

    ・開発プロジェクトの上流工程支援

    ・事業戦略及びマーケティング支援

    パートナー

    ・Looker Data Sciences Inc

    ・Fivetran Inc

    ・Snowflake Computing Inc

  • Dataedoに関するお問合せ

    ご相談、お問合せはお気軽にどうぞ。

    お問合せを頂戴してから3営業日以内にご返信いたします。